スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

医師の説明を録音、電子カルテに保存するシステムが登場 

医師の説明が丁寧になったと患者さんからの評価もあるし、
もし聞き逃してしまった場合はまた聞くことができるので
患者さんの方も病気や治療についてよくわかりますね。

インフォームド・コンセントにも良いですね。
医師が患者に行う治療方法などの説明を、その場で録音して電子カルテに保存するシステムを、東京・稲城市の市立病院がこの秋から本格的に運用することになりました。

運用を始めるのは東京・稲城市の稲城市立病院です。このシステムでは、医師が患者に行う病状や治療方法などの説明をその場で録音して電子カルテに保存します。

1度録音した内容は修正することはできず、希望すれば患者もこの録音を聞くことができるということです。病院では、ことし3月から入院患者を対象にこのシステムを試験的に導入していますが、患者からは、医師の説明がよりていねいになり、納得して治療が受けられたと好評だったということです。

このため、病院ではこの秋から外来診療を含め本格的に運用することになりました。

稲城市立病院では「病状や治療についての説明が正確に記録されることで、患者と医師の信頼関係をより高めることができる」と話しています。

診療の経過を紙に代わって電子的に記録する電子カルテは、各地の病院で導入が進んでいますが、病院によりますと、医師の説明まで記録するシステムの本格運用は全国でも初めてだということです。


医師の説明録音 電子カルテに - NHK

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。