スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

Google、Gmailに重要度の高いメールを自動識別する機能追加 

確かにメルマガなどがたくさん来ると、整理したり読んだりすることが面倒になるので
重要なメールも見落としがちですが、こういう機能があるととても便利ですね。

しかし、自分では重要だと思うメールが重要でないフォルダに自動振り分けされてしまったり、
その逆もありそうなのでユーザー側が大体の設定ができる機能もあった方が良いかもしれませんね。
米Googleは米国時間2010年8月30日、Webメールサービス「Gmail」の新機能「Priority Inbox」をベータ公開した。重要なメールとあまり重要ではないメールを自動的に識別する。

 Gmailでは、以前からスパムメッセージを振り分けるフィルター機能を提供している。しかし、受信メッセージの中には、スパムではないが重要でもないものがある。例えば、購読しているものの、めったに読まないメール(bacnと呼ばれる)などだ。Priority Inboxは、こうした重要度の低いメッセージと重要なメッセージを振り分け、メール管理の効率を高めるとしている。

 Priority Inboxでは、ユーザーが頻繁にメールを送信する相手から送られてくるメッセージや、常に開いて返信するメッセージなどを重要と判断する。また、受信箱の上部に表示された「+」「-」ボタンやフィルター設定を利用すれば、時間とともに判断の精度が上昇する。

 Priority Inboxは、「Google Apps」利用者を含むすべてのGmailユーザーに対して、同日から約1週間かけて順次利用可能にする。同機能が使えるようになった場合、Gmailアカウントの右上部に「New! Priority Inbox」というリンクが表示されるか、設定ページでPriority Inboxタブが表示される。

Google、重要なメールを自動識別する新機能をGmailに追加 - ITpro

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。