スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

インターネット通販も国内から海外へ!購入金額に大幅な差 

インターネット通販の購入額が国内に比べて解体での購入のほうが大幅に高いことがわかりました。

やはり、本場で買ったほうが価格が安いといった意見や、海外でしか購入できないものがあるといった意見が
多くみられました。

しかし、まだまだ海外から購入するとなると様々な障害があるようです。

このような障害が緩和されれば、今後さらにネット通販事業が拡大していくのではないでしょうか?


 楽天リサーチは2010年8月26日、海外のインターネット通販サイト利用に関するインターネット調査を実施、その結果を発表した。


 今回の調査は、日本国内の20歳から69歳の男女のうち、国内のインターネット通販サイトを利用したことがある1,000人を対象に実施された。


 調査の結果、海外のインターネット通販サイトの利用経験者は全体の14.2%にとどまった。


 これらの14.2%の利用経験者のうちの25.4%が、海外のインターネット通販で「ファッション」関連を購入しており、トップとなった。


 国内のインターネット通販では「食品・飲料」を購入するとしたユーザーが7割超であったのと対照的で、国内のネット通販と海外のネット通販での購買対象の違いが明確となった。


 一方、海外のインターネット通販サイトを「利用したことがないし、今後も利用したくない」という回答は、全体の61.6%を占めた。


 海外のインターネット通販サイトの1回あたりの購入金額は、5,000円以上2万円未満の合計が60.6%と、国内のインターネット通販の平均購入金額に比べ、加重平均値で4,141円高い結果となった。


 海外インターネット通販サイトを利用する理由としては、「日本で入手できない商品が購入できる」(81.0%)がトップ、続いて「価格が安い」(64.1%)があげられている。


 また、海外ネット通販を利用する上での懸念点では、「送料」(69.7%)、「関税」(40.8%)、「到着までの時間」(35.2%)が上位の3つを占めた。


 楽天リサーチは、今回の調査の総評として、「今後利便性や安全性の確保により飛躍的に拡大する余地も見える。海外のインターネット通販の拡大により、為替変動に伴う円高特需や、国内で入手できないレア商品の購入など、さらに消費者の選択肢が広がり、ネットを通じた消費の拡大が期待される。」としている。
海外ネット通販、1回あたりの購入金額は10,574円…楽天リサーチ - 読売新聞

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。