スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

3D映像に触れられ感覚も体験できるバーチャルシステムを産総研が開発 

3D映像に触れられて感覚も体験できるバーチャルシステムを産業技術総合研究所が開発しました。

この技術があれば、手術の際にメスをいれる感覚だけでなく、
オンラインショッピングなどに使い商品の質感がわかるということにも使えそうですね。

さらに、技術が進めば映画やアニメのようなバーチャル体験ができる日も遠くはなさそうですね。


 立体映像を実際に触っているような感覚が味わえ、押したり引っ張ったりして映像の形を変えることもできる新技術を、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)の中村則雄主任研究員らが開発した。指先の触覚に錯覚を起こさせる技術を応用。人体にメスを入れた感触を再現した手術練習装置などに活用できるという。

 「アイ・キューブ・スペース」と名付けられたこのシステムは、指の腹につける振動発生装置(長さ約2センチ)と、指の背に装着し、指の位置を立体カメラに認識させる部品(同約4センチ)、6台のカメラ、裸眼で見られる立体テレビで構成される。使用者が立体映像に指を近づけると、指の位置をカメラが把握、映像に触れる位置で装置が振動し、指先には映像に触ったような錯覚が起きる。

 25日の公開実験では、地球儀の立体映像を動かす様子が披露された。両手の人さし指に装置をつけて地球儀を触ると、指先にはビーチボールのような柔らかい感触が伝わった。力を入れて押すと、指には押し返されるような感触があり、地球儀がへこんだ。装置の設定を変えることにより、地球儀の表面を硬くすることもできる。

 指の錯覚現象は中村さんらが見つけ05年に発表した。指先に特殊な振動を与えると、指が一定の方向から押され、何かに触れているように感じるという。【高木昭午】
立体映像:触れる! 指先で感覚体験 産総研が開発 - 毎日新聞

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。